体脂肪を減らす有酸素運動の常識!

20分以上続けないと有酸素運動は効果がないのか?

 

一般的に有酸素運動は20分以上続けないと効果がないとか、脂肪が燃えないなどと言われていますが、そんなことはありません。むしろ、普段私たちが日常生活で使っているエネルギー消費量の半分ぐらいは、脂肪によってまかなわれています。

 

そのため、有酸素運動などを始めると、エネルギーの需要が一気に増大します。その増えたエネルギーをどのようにして消費するかというと、まずは、すぐにエネルギーに変わりやすい糖質が使われます。このように、運動を開始したばかりの時は、全体のエネルギー消費量のうち、脂肪の割合はかなり少ないのです。

 

そして、運動を継続してくるに従って交感神経が活発化され、アドレナリンやノルアドレナリンなどのホルモンが増加してきて、そこで初めて脂肪が大きく燃焼されることになります。さらに、脂肪酸やグリセロール物質などが血液中に放出されてくるので、それらの物質を取り込んでエネルギーとして燃焼するようになります。

 

ここに至るまでには、確かに20分くらいはかかるのは事実です。しかし、脂肪というのは筋肉の繊維の中にもあって、これらの脂肪は結構早くからエネルギーとして燃焼します。その後、運動を開始してから20分くらい経ったところで、皮下脂肪や内臓脂肪などの余分な脂肪が分解されてエネルギーとして使われ始めるのです。

 

有酸素運動とダイエットの効果

 

なので、有酸素運動をダイエットのために始めるという人であれば、20分から30分間以上は続けた方が良いでしょう。ただし、筋肉の中にある脂肪がエネルギーとして燃焼し使われると、その使った分だけ皮下脂肪や内臓脂肪などで補われるので、一概に20分以上も有酸素運動を続けないと全く効果がないというわけではないのです。つまり、20分よりも少ない時間であっても、皮下脂肪や内臓脂肪を減らすダイエットの効果はあります。

 

ちなみに、有酸素運動を開始してから10分くらいで交感神経のレベルがグッと上がり、余分な脂肪の分解も始まります。この脂肪の分解が始まるタイミングで、一旦運動を中止し、休憩を10分間挟んで、また有酸素運動を再開したとしても、脂肪が分解する働きが無くなるわけではありません。

 

ですから、有酸素運動を10分間やって、10分間休憩し、また10分間有酸素運動を行うという方法でも、20分間続けて有酸素運動を行った場合と比較しても、ほとんどその効果は変わりません。ただし、途中の休憩をあまり長くとってしまっては意味がありませんが、有酸素運動は20分以上続けないと効果がないという事はなく、分割して行っても十分に脂肪を燃焼させる効果があるのです。

筋力トレーニング前の有酸素運動とストレッチ

 

脂肪を燃焼させ、ダイエット効果のある有酸素運動は、筋力アップにおいても有効です。筋力トレーニングをする前などに、軽い有酸素運動で体を温め、ウォーミングアップすると・・・

 

続きを読む >>

 

有酸素運動はなぜ体脂肪を減らすことができるのか?

 

私たちが食物などで摂取した栄養素から体を動かすエネルギーを得るには、酸素が必要です。その酸素を十分に取り入れることができる運動が有酸素運動です。そんな有酸素運動を・・・

 

続きを読む >>

 


[↑]このページの先頭へ