有酸素運動と脂肪

有酸素運動はなぜ体脂肪を減らすことができるのか?

 

私たちが食物などで摂取した栄養素から体を動かすエネルギーを得るには、酸素が必要です。その酸素を十分に取り入れることができる運動が有酸素運動です。

 

そんな有酸素運動を代表するものといえば、ウォーキングやジョギング、スイミング、エアロバイク、エアロビクス、縄跳びなどの運動があります。それらの有酸素運動は、心臓や肺などを中心とした筋肉も活発に使われるので、運動能力の向上にも役立ちます。

 

そして、有酸素運動を20分間以上も続けて行っていると、最初に燃焼する糖質を使い切り、今度は体に溜まった脂肪を燃焼することになるので、ダイエットにも効果があると言われています。

 

また、体の中に十分に酸素を取り入れる有酸素運動を続けた場合、筋肉細胞の中のミトコンドリアのエネルギー製造能力が向上してくるとともに、心臓や肺などの筋肉も強く発達していきます。これが、一般的に言う「持久力がつく」という状態になるのです。さらに、持久力がアップすると、体の中に取り込める最大酸素の摂取量も大きく増えますので、パフォーマンス力もアップします。

 

ちなみに、私達は食べ物などで摂取した栄養そのうち、糖質や脂肪、タンパク質などが燃焼するたびに燃料が作られることになります。この燃料を1番効率的に作ることができるのが糖質です。なぜなら、脂肪やタンパク質などの場合は、一旦別の物質に分解されてから燃料が作られますが、糖質の場合は、そのままの状態で燃料を作ることができるのです。

 

こうして作られた燃料をエネルギーに変えるのが筋肉です。筋肉には、白筋と赤筋の2つがあります。白筋は、瞬発力が必要な時に使われる筋肉で、車に例えれば、スタートしてからすぐにスピードアップできますが、すぐに燃料が切れてしまいます。

 

一方の赤筋は、持久力が必要な時に使われる筋肉で、スタートしてもなかなかスピードが上がりませんが、燃料が長持ちし、長く走れるというような筋肉です。ですから、白筋は、短距離走や重量挙げなどの選手の筋肉に大きく発達しています。一方の赤筋は、長距離走やマラソンなどの有酸素運動を行う選手などの筋肉に発達しています。そこで、体脂肪を減らすためには、有酸素運動などによって赤筋を鍛え、基礎代謝量をアップさせることが重要です。

 

ところで、私たちは地球の重力に反してまっすぐと立てるのは、抗重力筋という筋肉のおかげです。その抗重力筋の中心となるのは、背骨を支えている脊柱起立筋という筋肉です。その脊柱起立筋は、私たちの体の中で赤筋が1番多い筋肉の1つですが、心臓や肺などの呼吸器系の筋肉にも赤筋が多いのが特徴です。

 

そんな赤筋を有酸素運動などで鍛えてやれば、基礎代謝量が格段にアップし、体の中で燃焼するエネルギーの量も増えるので、効率的に体脂肪を減らしてくれるため、太らない体を作ることができるのです。